魅力的なブログ導入文(リード文)を書く方法【5つのポイントを徹底解説】

ブロクの導入文ってなんで大切なんだろう
具体的なテンプレートとかあったら知りたいな。

 

ブログ記事の導入文は非常に重要です。

読者が記事を読んでくれるか、否か。

この導入文で決まるといっても過言ではありません。

こんな方におすすめ
  • いつもブログの導入文で悩む方
  • なかなかブログを読んでもらえていない方
本記事を読むとわかること
  • ブログ記事の導入文がなぜ大切かわかる
  • テンプレートで今日から書き始めることができる

この記事を書いている人

Yosshy

学ぶことが大好きなYosshyです。
3つの分野に特化してブログを日々更新中
ちょこっと自己紹介
職業:社会福祉の事務職
毎日、文章を読み書きしています。
学生:社会人のための学校『MUPカレッジ』ウサギクラス
その他:JFA公認C級コーチライセンス取得、奥渋にあるカフェオーナー

本記事ではブログの導入文の書き方と、簡単なテンプレートをご紹介します。

ブログ導入文の書き方を習得し、より多くの読者に読んでもらえる記事を書いていきましょう。

 

ブログの導入文(リード文)とは

ブログの導入文について、説明します。

本記事で説明しますと、下記の赤枠部分です。

つまり、ブログの導入文は、最初の見出しに入る前の冒頭部分の文章を示します。

読者がサイトをクリックし、最初に読む文章となります。

導入文は、「リード文」と呼ぶこともありますが、意味は一緒です。

 

最も重要な記事の導入文

ブログ記事における導入文は、非常に大切です。

それはなぜ?

導入文で、読者をひきつけることが出来ないと、読者はすぐにサイトを離れてしまうからです。

時間は有限です。

読者は、「読みたい」「この後、どうなる?」という感情にならないと、その先を読み進めません。

仮に、サイトが上位表示できても、読者が即離脱してしまうようでは無意味ですよね。

ただ、導入部分で読者の心をつかむことができれば、ほぼ勝ちです。

そのぐらいブログ記事の導入部分は大事です。

 

ブログの導入文を書く5つのポイント

下記のポイントを、ブログの導入文には必ず書くようにしましょう。

ブログ導入文の書き方【ポイント5つ】
  1. 読者の悩みを文章化する
  2. 解決できることを主張する
  3. 執筆者を明記する
  4. 記事の要約を書く
  5. 記事を読むメリットを示す

1つひとつ、説明していきます。

 

Point①:読者の悩みを文章化する

まず1番最初に、読者の悩みを文章として明確にすることです。

本記事でいうと以下の部分ですね。

 

最初に、「同じ悩みだ」と読者に共感を持たせて、読者の心を掴みます。

本記事では、画像と吹き出しを使っていますが、文章で悩みを書くことでも全く問題ありません。

この読者の悩みを検索する際は、「キーワード検索」を行いながら、キーワードを選定することが重要です。

そうすることで、記事内容にブレがなくなります。

 

point②:解決できることを主張する

始めに、読者の悩みを文章化した後は、記事を読むと「解決できること」を主張します。

本記事でいうと以下の部分ですね。

本記事では、「本記事を読むとわかること」として、明確に書いています。

「解決できること」を明確にすることで、読者に安心感を与えることができます。

読者は、なにが解決できるかがわからないまま、文章を読むことはしません。

しっかりと本文を読んでもらうためにも、「解決」を書くことをオススメします。

 

point③:執筆者を明記する

次に、記事の信頼性を担保するために、執筆者を明記することが大切です。

本記事でいうと、「この記事を書いている人」の部分です。

記事の信頼性は重要であり、信頼性が担保されていない記事は、読者への説得力に欠けます。

記事の信頼性を高めるために、「私が誰であるか」を書きましょう。

 

point④:記事の要約を書く

続いて、記事の要約を書きます。

本記事では、以下の部分です。

 

記事の全体像を伝えるために、要約を書くことが重要です。

ただ、もくじを「見出し3」や「見出し4」まで記載している場合は、もくじで代用することでも良いと思います。

要約は、コンパクトにまとめることを意識しましょう。

ダラダラ書くことは逆効果になります。

 

Yosshy

要約が検索意図とズレると読者は離脱するから注意してね。

 

point⑤:記事を読むメリットを示す

最後に、記事を読むことで得られるメリットを示します。

本記事でいうと以下の部分です。

 

単純にメリットを書くだけはいけません。

例えば、この記事では、ブログ導入文の書き方が学べることが第一のメリットであります。

しかし、この記事の読者が求める最終的なゴールは、多くのユーザーに自分のブロクを読んでもらうことです。

そのため、記事を読むことで得られるメリットを明確にし、読者の未来像を示していきましょう。

Yosshy

読者の「読んでみたい」欲を刺激してみよう!

 

ブログ導入文のテンプレート

具体的な導入文の作り方を、先ほど紹介したテンプレートを使って紹介したいと思います。

この方法を習得することで、導入文をサクサクと書けるようになります。

ブログ導入文の作り方

まずは、狙うキーワードを決めてから、記事内容を膨らませていきます。

  • 狙うキーワード:【学習 集中力が続かない]
  • 集中力が続かず、学習が捗らない
  • この記事で紹介する方法を実践すると解決できる
  • 社会人の学校に通い、学び狂っている私が解説
  • どんな状況でも集中力が切れない僕が解説
  • 学習に集中できる方法と集中力をかき乱す原因を解説
  • 学習に集中できるようになり、仕事スキルの向上が望める

 

それでは、ブログ導入文の書き方(テンプレート)に合わせて、書いていきたいと思います。

 

導入文の見本(テンプレート) 

①【読者の悩みを文章化する】
仕事後に学習をしようとしても、集中力が続かなくて、捗らないのが悩み…という人もいますよね。

 

②【解決できることを主張する】
この記事で紹介している方法を実践するだけで、簡単に集中力が続きます。

 

③【執筆者を明記する】
私も、仕事後は疲れていて学習に集中できない人でしたが、この記事で紹介している方法を実践することで、今ではしっかりと学習できています。

 

④【記事の要約を書く】
本記事では、『学習に集中できる方法』と『集中できない理由』を解説します。

 

⑤【記事を読むメリットを書く】
この記事に書いてある方法を実践すれば、学習に集中することができて、いろいろなスキルを身に付けられるので、仕事力の向上が望めます!

 

このようにテンプレートにあわせて、書いていくだけで魅力的な導入文を書くことができました。

 

より多くの読者をつかもう:まとめ

以上、ブログ導入文の書き方の解説でした。

記事を読んでもらえるかは「導入文」で決まります。

 

難しく感じるかもしれませんが、本記事でご紹介したテンプレートに当てはめていくだけで、魅力的な導入文をつくることができます。

繰り返し、書いていくことで確実に使えるようになります。

 

ぜひ、ブログ導入文の書き方を習得し、より多くの読者に読んでもらえる記事を書いていきましょう。

そもそも、ブログが向いているかお悩みの方は、こちらの記事も読んでみてください。

【徹底紹介】ブログ運営出来るかな?ブログが続けられる5つの特徴

 

おまけ
ブロク導入文のコツは、読者像を特定の一人に特定することと、読者の「共感」を生む書き方をすることです。

導入文の文字数の目安は大体300〜400字以内が最適です。1つの目安としてください。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です