【2020年最新】もしもアフィリエイトの特徴・メリット・デメリットをレビュー(必読)

Yosshy

どうも、Yosshyです。

ブログを開設し、いざアフィリエイトを始めたいと思っても、「何から始めれば良いかわからない」ってことありますよね?

商品メーカーやサービスを提供するクライアントと、アフィリエイターの仲介業者であるASPは、数社もあり、どこのASPと契約したらいいのか迷う方も多いと思います。

用語解説:Application Service Provider
インターネットを中心に成功報酬型広告を配信するサービス・プロバイダで、略してASPと呼ばれることがある。(Wikipedia)

そこで、本記事では、初心者でもスムーズにアフィリエイトが始められる「もしもアフィリエイト」について、ガッチリ解説していきます。

Yosshy

利用する前に知っておきたいメリット・デメリット、審査に受かるコツとかを教えちゃいます。
こんな方におすすめ
「もしもアフィリエイトって何?」と思っている方
「もしもアフィリエイトのメリット・デメリット」を知りたい方

 

もしもアフィリエイトとは

もしもアフィリエイトは、会員が55万人以上いる大手のASPです。

初心者の方にとって、とても分かりやすいアフィリエイトサービスの1つです。

また、「楽天アフィリエイト」や「Amazonアフィリエイト」を利用することができ、さらに簡単にリンクすることが可能です。

良くブログで見かけるAmazon、楽天、Yahooショッピングが並列しているあれです!

 

もしもアフィリエイトの特徴とは

  • かんたんリンクの作成
  • Amazonアソシエイトに合格しやすい
  • W報酬制度で12%上乗せボーナス

1つひとつ、特徴について解説していきます。

かんたんリンクの作成

もしもアフィリエイトには、「楽天アフィリエイト」、「Amazonアフィリエイト」のシンプルなカード型のアフィリエイトリンクを簡単に作成できる機能があります。

それが、「かんたんリンク」です。

該当欄に、楽天市場かAmazon.co.jpの商品ページURL、もしくは、検索キーワードを入力すると、3つのショッピングサイトの共通のリンクが作成されます。

しかも、レスポンシブ対応となっています。

 

Amazonアソシエイトに合格しやすい

「Amazonアソシエイトの審査に落ちた!!」

「なせかAmazonアソシエイトが通らない」

という声は、口コミでも、Twitterでもよく見かけます。

しかし、Amazonアソシエイトだと審査は厳しいですが、もしもアフィリエイトを経由すると、合格するケースが多い傾向にあります。

そして、驚くことに本家のAmazonアソシエイトと紹介料の利率が変わりません。

ご覧の通り、変わらないのです。

審査にも通りやすい分、もしもアフィリエイトを選ぶ価値はありますね。

Amazonで、物販アフィリエイトをする予定でしたら、登録必須です。

 

W報酬制度で12%上乗せボーナス

もしもアフィリエイトユーザー全員が受け取れる特典が、このW報酬制度です。

例えば、通常のアフィリエイト報酬が月10万円であった場合、報酬の12%、つまり12,000円をボーナス報酬として受け取ることができます。

他のASPより報酬が多く貰えるので、このサービスは強みですね。

 

もしもアフィリエイトのメリット・デメリット

もしもアフィリエイトのメリット、デメリットについて、ご紹介していきます。

もしもアフィリエイトのメリット

  • 振込手数料が無料
  • プレミアム報酬がある
  • Google search consoleと連携可能
  • 自動マッチング機能
  • セルフアフィリエイトがやりやすい

振込手数料が無料

もしもアフィリエイトは振込手数料が無料です。

どの銀行を使っていても、振込手数料が無料ですので、嬉しい限りです。

ASPによっては、銀行の種類ごとに手数料の金額が異なったり、一定の手数料がかかることもあります。

もしもアフィリエイトのどこの銀行でも無料は、最大のメリットと言えます。

 

プレミアム報酬がある

もしもアフィリエイトには、プロモーションごとに「初めて一定金額以上の成果承認」を達成した際に追加で支払われるプレミアム報酬があります。

金額が大きい案件も多くありますので、やる気も上がりますね。

 

Google search consoleと連携可能

ブロガーにとって、サイト分析は必須事項です。

もしもアフィリエイトはGoogle search consoleと提携をしており、報酬発生のリンクがどこでクリックされたかを把握することができます。

このことにより、記事の質を上げることができます。

 

自動マッチング機能

上位表示されている検索結果のキーワードに基づき、案件を自動でおすすめしてくれるようになっています。

案件が決まっていない方は、もしもアフィリエイト側が自動で案件を紹介してくれますので、記事を書くだけで良く、案件選びに時間をかけなくて済みます。

 

セルフアフィリエイトがやりやすい

もしもアフィリエイトは、セルフアフィリエイトが非常に簡単です。

用語解説:セルフアフィリエイト
案件の商材に自分で申し込む行為を言います。
商品やサービスを試して記事を書きたい時は、セルフアフィリエイトで報酬を得ながら、そのサービスを体験し、記事を書いていくことができます。
実体験を記事に出来ますので、読者にとってリアリティのある記事となります。

案件を検索し、案件の項目の中に「自分で申し込む」ボタンがありますので、そちらをクリックします。

そうすると、商品の申し込みページに飛び、そのページで申込みをすると、読者の方が申し込んでくれたのと同じように成果が発生するようになっています。

注意
案件によってはセルフアフィリエイトに未対応のものもありますのでご注意ください。

もしもアフィリエイトの無料登録はこちらから

もしもアフィリエイトのデメリット

  • 案件数では、A8.netの方が豊富
  • 振込(支払い)期間が長い

案件数では、A8.netの方が豊富

ASP最大手のA8.netに比べると案件数では負けてしまいます。

ただ、もしもアフィリエイトの案件数が極端に少ないわけではありません。

また、ASPは1社までという決まりはありませんので、「A8.net」、「もしもアフィリエイト」、さらには「afb(アフィb)」など、複数社を登録し、案件によって使い分ける方向が良いと思います。

 

振込(支払い)期間が長い

もしもアフィリエイトの振込みは、
「当月に承認された成果金額が1,000円以上になった月の翌々月末にボーナス報酬とともに指定の銀行口座へ振り込まれます。」
と記載されています。

報酬が発生してから振り込まれる期間が、2~3か月後なので、すぐにお金が欲しい方には難点かもしれません。

「A8.net」や「afb」ですと即時振込の機能がありますが、他のASPはもしもアフィリエイトと同じくらいの振込み期間ですので、もしもアフィリエイトだけ遅いということではないです。

 

他のASPと比較しよう

大手3社と言われる、もしもアフィリエイト以外のASPと比較してみました。



  • A8.net
    :業界最大手のASP。案件数が非常に多い。多くのブロガー、アフィリエイターが利用している。振込手数料は有料。
  • afb(アフィb) :美容系、健康系、婚活系に強く、案件数も多いASP。振込手数料が無料であり、成果確定から振込までが早い。
  • バリューコマース:旅行系に強く案件数も多いASP。アフィリエイター向けの便利なツールが充実している。振込手数料が無料


この他にもメジャーなASPはありますが、この3社については、すべて登録するべきです。

ASPは自分で管理できるなら、報酬を比較したうえでASPを選ぶことができたり、掲載したい案件を探しやすくなるため、多く登録すればするほどお得だと思います。

もしもアフィリエイトは、案件の取扱数が少ないですが、かんたんリンクなどにより、Amazonや楽天市場による物販に強いASPであります。

もしもアフィリエイトの無料登録はこちらから

 

もしもアフィリエイトの会員登録方法の3ステップ

登録方法は、簡単ですので迷うことはないと思いますが一応説明します。

大きく3ステップになります。

 

STEP.1
もしもアフィリエイト (公式HP)に入る
まずは もしもアフィリエイト (公式HP)から『会員登録』をクリックしましょう。
PCの場合は2つ『会員登録』がありますが、どちらでもOKです。
STEP.2
仮登録をする
登録するメールアドレスを入力しましょう。
STEP.3
本会員登録をする
登録したメールアドレスに、もしもアフィリエイトから本会員登録の案内メールが届くので名前などの必要事項を記入しましょう。
5分〜10分くらいで登録は完了します。
サクッと終わりますね。

 

アフィリエイトの需要は、年々高くなっています。

もしもアフィリエイトは、有名ブロガーやアフィリエイター達に人気なASPなので自信を持っておすすめします。

また、大手ASPなので、ユーザー満足度も高くセキュリティも安心です。

ぜひ、もしもアフィリエイトに登録し、自分の好きな商品やサービスを紹介してみてください。

もしもアフィリエイトの無料登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です